【社会】女性の自死が増加…それでも男性は女性より「自殺しやすい」、その「心理学的」理由 [砂漠のマスカレード★]

1: 以下、ニュースっぽいなにかがお送りします 2021/02/08(月) 12:36:38.44 ID:QuQVTdX69
 コロナ禍に見舞われた2020年の日本では、自殺数の増加が深刻な問題となった。警視庁の発表によると、10月の自殺者数は前年同月比で約40パーセントも増加した。

 コロナ禍で特に問題視されているのが、女性の自殺者数の増加だ。10月の女性の自殺者は879人であり、前年に比べて約80%も増えているのである。それに比べると、男性の自殺者数の増加率は約20%に留まっている。しかし、2020年10月の男性の自殺者数は1320人であり、女性の自殺者数の1.5倍である。つまり、女性の自殺者数が急激に増えても、男性の自殺者数はそれを上回っているのだ。

 2019年の自殺者の総計を見ると、女性が6091人であるのに対して男性は1万4078人であり、男性は女性のおよそ2.3倍である。そして、2000年以降の日本の自殺者数を見てみると、いずれの年でも男性の自殺者数は女性の2倍以上なのだ。つまり、コロナ禍であるかないかに関わらず、男性は女性よりもずっと多く自殺している。

 さらに、この傾向は日本に限ったものではない。2000年以降のアメリカでは、男性の自殺者数は女性の3倍以上となっている。ヨーロッパや南米、アフリカや中東などのほとんどの国において、男性の自殺者数は女性の2倍や3倍であるのだ(ただし、中国は例外であり、女性の自殺者数が男性の自殺者数をやや上回っている)。

 そう、男性は、自殺しやすい性別なのである。

「男性の自殺率の高さ」という問題を説明するときにもっともよく用いられるのが、ジェンダー論という枠組みだ。

 ジェンダー論では、「男らしさ」や「女らしさ」という言葉で表現されるような男女の特徴は、自然なものではなく社会的に構築されたものであり、家庭や学校、教育、メディアにおける表現などを通じて個人に押し付けられるものである、ということが前提にされる。たとえば、ジェンダー論の研究者である田中俊之は、「男性の自殺」という問題の原因を「男性役割」や「男らしさ」という社会規範に見出した議論を行なっている 。

 しかし管見の限りでは、「男性の自殺」という問題に関するジェンダー論の分析では、「男らしさ」のうちどのような特徴が男性を死に至らしめるか、個々の男性はどのようにしてその特徴を身に付けていくか、という過程が具体的に論じられることもあまりない。自殺の問題についての対策も「男性は男性役割や男らしさに縛られず、男性性から降りた生き方をするべきだ」といった、具体的な実行方法を想像しにくい漠然としたものになりがちだ。

男の自殺の原因を探る

 ここで、カウンセリングなどを通じて自殺という問題について現場で向き合っている心理学者でフロリダ州立大学教授のトマス・ジョイナーの著書、 『Lonely at the Top: The High Cost of Men’s Success』(未邦訳・以下では「本書」と呼ぶ)を紹介しよう。この本では、「男性の自殺」という問題が起こる原因と、それを予防するための対策が一冊にわたって論じられている。

 ジョイナーは、社会的に構築された「男性役割」や「男らしさ」ではなく、男性たちに生得的に備わっている「物質主義」や「地位や名声に対する欲求」という傾向に、男性の自殺という問題の原因を見出している。そして、これらの傾向がいかにして男性の自殺リスクを高めるに至るかという具体的な過程が示されて、その問題に対する具体的な対処法についても検討している。

 まず、ジョイナーは人が自殺を行うに至る主な要因として、以下の三点を挙げている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20210204-00079839-gendaibiz-soci
2/4(木) 18:01配信

304: 以下、ニュースっぽいなにかがお送りします 2021/02/08(月) 16:00:55.88 ID:cJ/eTOln0
メガンテ

307: 以下、ニュースっぽいなにかがお送りします 2021/02/08(月) 16:01:34.49 ID:wBlG5F3f0
女子は中学までは真面目に全教科勉強してたような子でも受験科目しか勉強しなくなるケースが多いんですよ。
文系理系や国公立大の進学率、男女格差は明らかですからね。
理数科目の学力差がその原因としか思えないし。

308: 以下、ニュースっぽいなにかがお送りします 2021/02/08(月) 16:02:12.97 ID:xxHoBAaV0
夜遊びとかいうユニットの自殺の曲が流行ったせいじゃね?

314: 以下、ニュースっぽいなにかがお送りします 2021/02/08(月) 16:02:53.29 ID:r3z/Cbu30
男は経済的理由
女は精神的理由

317: 以下、ニュースっぽいなにかがお送りします 2021/02/08(月) 16:05:25.82 ID:u0gV0g0U0
女性は専業主婦って社会が認めてるけど
男性はみとめられていないのが大きい。
社会的な居場所がないことに、女性と比べると
男性は耐性がないんだろう。

322: 以下、ニュースっぽいなにかがお送りします 2021/02/08(月) 16:07:36.34 ID:wBlG5F3f0
文系ですら女子が経済学部を嫌がる理由が数学が苦手というのが大きいと思う。
実際同級生がそういう類の発言をしてました。

369: 以下、ニュースっぽいなにかがお送りします 2021/02/08(月) 16:37:35.32 ID:XVzsV1DR0
>>325
実際に会って話さないとダメなんだよね
若者の幸福度が低いのはSNSを使いすぎのせいもあるらしい

326: 以下、ニュースっぽいなにかがお送りします 2021/02/08(月) 16:11:39.60 ID:PlIYR6+d0
そもそも「自殺しやすい」なんて、女が主語の記事では書けないだろ。
「コロナの影響で女性が自殺しやすくなった」
森会長よりマスゴミの性差別意識のほうが根深い証拠だよ。

331: 以下、ニュースっぽいなにかがお送りします 2021/02/08(月) 16:15:03.17 ID:7J+ZsYF30
男は仕事をしてないとゴミ認定だから
女は仕事をしなくてもいいから

336: 以下、ニュースっぽいなにかがお送りします 2021/02/08(月) 16:15:57.11 ID:dKQIYL8t0
アフリカの田舎に行くと、
女性が重い水を頭に乗せて毎日何キロも水汲みをしている姿が見られる。
日本人の芸能人がそれを体験したレポート番組を見たけど、
あれは慣れないと、男でもかなり大変な力仕事らしいね。

338: 以下、ニュースっぽいなにかがお送りします 2021/02/08(月) 16:17:19.19 ID:7J+ZsYF30
中国は男が仕事しないで犯罪をするのが基本だから女が仕事しないとゴミなんだよな

349: 以下、ニュースっぽいなにかがお送りします 2021/02/08(月) 16:23:14.63 ID:uU9G6ANo0
>>338
中国の女は我が儘で怠け者しかいないよ

359: 以下、ニュースっぽいなにかがお送りします 2021/02/08(月) 16:27:55.14 ID:+YBcxKWw0
>>349
わかる、中国の女の方がお金にガメついよね
日本に爆買いしに来てた中国カップルなんてほぼ男が全額旅費負担してたしな

339: 以下、ニュースっぽいなにかがお送りします 2021/02/08(月) 16:18:56.19 ID:51DCR6DS0
男は収入がほぼ全てだから、低収入=結婚できない=孤独化と直結するからだろ
女は年齢による一定の制限はありつつも、年齢は誰にでも平等に与えられるから男ほどシビアじゃない

376: 以下、ニュースっぽいなにかがお送りします 2021/02/08(月) 16:46:06.22 ID:QrlYidwa0
>>339
人間関係を結婚に全振りするのがそもそもの失敗
婆さん連中が旦那に先立たれても元気なのはあちこちでコミュニティー作ってるから

341: 以下、ニュースっぽいなにかがお送りします 2021/02/08(月) 16:19:34.61 ID:oqHvf/iG0
勝ち組男と、負け組男の格差が大きい過ぎる。男は優秀な奴はトコトン優秀だけど、引きこもりとか廃人みたいな奴も多い。なんか極端なんだよね。

343: 以下、ニュースっぽいなにかがお送りします 2021/02/08(月) 16:20:39.37 ID:+rmx9jMs0
ほとんど病苦なのに

345: 以下、ニュースっぽいなにかがお送りします 2021/02/08(月) 16:20:54.52 ID:dKQIYL8t0
資本主義の社会では、仕事が大きく2分される。

1. 賃金を得られる仕事
2. 賃金を得られない仕事(影の労働)

1と2の格差がそのまま男女格差に適用されてしまったのが
現代のサラリーマン社会。

346: 以下、ニュースっぽいなにかがお送りします 2021/02/08(月) 16:21:04.57 ID:7J+ZsYF30
男で無能でコミュ力のないキモハゲとか詰むからな

348: 以下、ニュースっぽいなにかがお送りします 2021/02/08(月) 16:22:22.61 ID:dKQIYL8t0
しかし資本主義の初期段階では若い女性や子供が工場で低賃金で働いていた。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー